まるごと淡路島 淡路美味いもの探検隊和食編 民宿「松竹館」 

今回、我が家のハイエナ軍団がお邪魔した淡路島の阿那賀漁港の漁師さんが経営する松竹館は、
魚が大嫌いな子供でも大丈夫!な魚料理を食べさせてくれる(美人の湯・新うずしお温泉にも入れる)お店です。

我が家の子供達も魚が嫌いだったのですが原因はあの魚介類特有の生臭さでした。
スーパーや魚屋さんで魚を買うとどうしても生臭さがあるのですが、ここの魚はご主人や息子さんが
朝、民宿の前の前の鳴門海峡で漁をしてきたばかりの元気のめちゃくちゃ良い魚達ですから生臭さが全くありません。
ご主人も魚は料理をした瞬間から味がどんどん抜けて行くのでお客さんの顔を見てからでないと料理をしないと言い切ります。

料理されまいと必死に逃げまわる蛸君 足だけになっても元気です。
ご主人と身長が変わらない鱧 天然車海老も巨大です。別注
鳴門海峡でとれた鱧と淡路玉ねぎ、淡路野菜 鱧もすごいボリームです。
スダチのサイズと比べるとわかるデカイ鳴門鯛の兜焼き
ですが、子供達に一瞬に食べ尽くされてしまいました。別注
天然鳴門鯛の薄造り(しゃぶしゃぶ)別注
甘エビより美味しかったシラサエビの刺身(活け) 涼味が最高!湯引き鱧
蒸し天然鳴門穴子は別注で500円 キスゴの南蛮漬けと淡路焼きなす
活け鱧の造り 酢の物
どうです。圧倒的な料理でしょ!(たいしゃぶとかぶと焼きは別注) さあ気合を入れて食べましょうか!

年数回、家族で食事会をしているのですが、今回の松竹館さんでは3回目になります。
前々回の究極の鯛を求めて!と前回の鳴門のフグが日本一!も御覧下さい。

料金は、1泊2食の活け造り・宝楽焼き・天婦羅コースが11.025円、
このコース料理に鱧の湯引きか鱧一人鍋を付けて12,075円
同じく鱧すきコースが13,125円です。
お盆期間(8月13.14.15日)は一人あたり1000円プラスだそうです。
その他詳細は↓にお問い合わせください。

兵庫県南あわじ市阿那賀1392−1
TEL 0799−39−1118 
FAX 0799−39−1162
松竹館公式ホームページ

淡路島の観光・宿泊・レジャー・イベント情報 わんわんスタジオ淡路島

2004年7月17日